オンデマンド印刷とはどういうものか

オンデマンド印刷とはどういうものか オンデマンド印刷とは、一般的にインクジェット方式などを利用したデジタル印刷機で印刷されたものをさします。
各家庭でプリンターで印刷することも、広義ではオンデマンド印刷とされています。
現在、新聞や書籍、ポスターなどは、オフセット印刷が主流となっています。
オフセット印刷は、版と呼ばれるものを作成し、それを紙に印刷する方法です。
輪転機で印刷するため、印刷速度も速く、部数が多くなるほど安価になるため広く使用されています。
版を作成する費用がかかるため、ある一定数以上の部数がない場合は割高になります。
印刷自体は速いのですが、版を作成する時間が必要になります。
オンデマンド印刷には、この版が必要ありません。
そのため、少ない部数を印刷するのに向いています。
版を作成する必要がないため、その分時間も短縮されます。
1枚あたりの印刷コストが変化しないため、大量に印刷する場合はオフセット印刷のほうが安価になります。
一般的にA3サイズ程度までしか印刷できません。
少数の印刷に向いているため、読者などの希望に応じて本を印刷して出版することも可能になってきます。
さまざまなニーズが求められている現在において、注目されている印刷方法です。

オンデマンド印刷の特徴的な工程

オンデマンド印刷はオフセット印刷よりも、少ない工程で印刷をすることができます。
オフセット印刷は、データ下版、刷版、印刷、乾燥、断裁、という流れで進みますが、オンデマンド印刷は、データ下版、印刷、断裁、となります。
オフセット印刷と比較すると、刷版と断裁の工程が必要ありません。
刷版とは、印刷の版を作る作業です。
オフセット印刷では、版にインクをつけ、それをドラムと呼ばれるローラーに転写し、更に紙に転写することにより印刷しています。
一方、オンデマンド印刷は、ドラムに直接トナーを吹き付けるため、刷版の工程が必要ありません。
コピー機やレーザープリンターと同様に、データを印刷機に流すと直ぐに印刷にかかることができます。
また、乾燥の工程がないのも特徴です。
オフセット印刷では、インクを乾かすのに時間を置いて断裁をしますが、オンデマンド印刷はトナーで印刷をするため、乾燥は必要ありません。
液体であるインクは水分を蒸発することにより紙にインクを定着させますが、トナーはプラスティックの粒子を紙に定着させるため、水分がありません。
ですので、印刷した直後に断裁、納品をするという、オフセット印刷では考えられないことが可能です。

関連サイト

「印刷 工程」
に関連するツイート
Twitter

薄い本作りで一番好きな工程印刷所選び

リコー、独ソフトウエア会社を買収 産業印刷向け:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…ソフトウエアの技術力を自社開発する産業印刷プリンターと組み合わせ、印刷工程全体をカバーできるサービスを提供する。建材や衣料などの素材へのプリント市場への投資で成長をめざす。

デジタル作画の原画を印刷してタップ貼りして修正されたものをスキャンという工程を挟む限りはズレからは逃れられない…防ぐにはやはり全てデジタルでやるしかないのか

今日はライブアートブックスさんにて、写真集「繡」の色校正会。 色味を調整するっていうことだけではなくって、ただそこに在ることのしぶとさを印刷でいかに表現していくのかを皆で話し合いながら、決めてゆく工程に私は静かに興奮していた。まだドキドキしている。

また早バレ騒動かー 出回ってる画像がクリアだから印刷工程かなんかから漏れたのか??と思ったらサイトがザルだったとかいうオチでびっくりやで 出版社も損だろうけどなにより作品ファンが不意のバレ食らってせっかくのお祭りなのに素直に喜べなくなってるのほんとつらい

やっとデータ入稿、チェック通って印刷工程まで行ったのであとは待つばかりです……!ここまでみなさま本当にありがとうございました……!😭 アンソロジーどうぞ、よろしくお願いいたします!!!!🙇‍♀️🙇‍♀️ twitter.com/mu_anthology/s…

Twitterましろう原稿フェスティバル@アンソロよろしく@U_MacloW

返信 リツイート2 昨日 23:46

平均1000字/hで書くとすると、4万字書くのに40時間。2時間/日で書いたら20日で第1稿が出来る目安。推敲と改稿に 7〜10日かけると、本文完成は1ヶ月規模。表紙自作のグラフィック過程で2週間かけるとする。更に入稿〜印刷完了までを2週間とみる。 =本文着手から刊行まで2ヶ月の工程 +最新の取材期間

返信先:@yktm22 割と簡単なんかな? 印刷とかやる工程がめんどくさいだけ!

企画開発部の指田です! 本日はブランクスの塗装をしておりました! 平滑という工程でブランクスのザラザラな表面を平らにする工程です。 4軸組布の凸凹もピカピカになります! 明日からはこちらに色を入れ、品名を印刷していきます!

Twitterオリムピック・グラファイトリーダー@OLYMPIC_JPN

返信 リツイート 昨日 21:44

何に驚きって、データチェック完了して印刷工程に入りましたっていう完全事後報告スタイルでちょっと不安になったよね。まあ不備がなかったということで安心してる。不備ないの嬉しいね