オンデマンド印刷とはどういうものか

オンデマンド印刷とはどういうものか オンデマンド印刷とは、一般的にインクジェット方式などを利用したデジタル印刷機で印刷されたものをさします。
各家庭でプリンターで印刷することも、広義ではオンデマンド印刷とされています。
現在、新聞や書籍、ポスターなどは、オフセット印刷が主流となっています。
オフセット印刷は、版と呼ばれるものを作成し、それを紙に印刷する方法です。
輪転機で印刷するため、印刷速度も速く、部数が多くなるほど安価になるため広く使用されています。
版を作成する費用がかかるため、ある一定数以上の部数がない場合は割高になります。
印刷自体は速いのですが、版を作成する時間が必要になります。
オンデマンド印刷には、この版が必要ありません。
そのため、少ない部数を印刷するのに向いています。
版を作成する必要がないため、その分時間も短縮されます。
1枚あたりの印刷コストが変化しないため、大量に印刷する場合はオフセット印刷のほうが安価になります。
一般的にA3サイズ程度までしか印刷できません。
少数の印刷に向いているため、読者などの希望に応じて本を印刷して出版することも可能になってきます。
さまざまなニーズが求められている現在において、注目されている印刷方法です。

オンデマンド印刷の特徴的な工程

オンデマンド印刷はオフセット印刷よりも、少ない工程で印刷をすることができます。
オフセット印刷は、データ下版、刷版、印刷、乾燥、断裁、という流れで進みますが、オンデマンド印刷は、データ下版、印刷、断裁、となります。
オフセット印刷と比較すると、刷版と断裁の工程が必要ありません。
刷版とは、印刷の版を作る作業です。
オフセット印刷では、版にインクをつけ、それをドラムと呼ばれるローラーに転写し、更に紙に転写することにより印刷しています。
一方、オンデマンド印刷は、ドラムに直接トナーを吹き付けるため、刷版の工程が必要ありません。
コピー機やレーザープリンターと同様に、データを印刷機に流すと直ぐに印刷にかかることができます。
また、乾燥の工程がないのも特徴です。
オフセット印刷では、インクを乾かすのに時間を置いて断裁をしますが、オンデマンド印刷はトナーで印刷をするため、乾燥は必要ありません。
液体であるインクは水分を蒸発することにより紙にインクを定着させますが、トナーはプラスティックの粒子を紙に定着させるため、水分がありません。
ですので、印刷した直後に断裁、納品をするという、オフセット印刷では考えられないことが可能です。

関連サイト

「印刷 工程」
に関連するツイート
Twitter

←アナログで線画を描いて(分かる)、スキャンしてデジタル背景処理とかして(分かる)、それを更に原稿用紙に印刷してアナログでトーン処理する(分からん)…という推測されるのですが、心底最後の工程が謎です、先生。何故全部デジタルでトーン処理しないのか…??

RT @mamo_su: 夏コミの抱き枕カバーの再版は印刷工程に進んでおります 発送は9月末予定ですがずれ込む可能性も ただ遅くも10月初旬には発送される予定です 目処が立ちましたら改めてお知らせいたします

返信先:@615ml_leaf お買い上げありがとうございます!一部に印刷工程上の不備がありご迷惑をおかけします。 ndw.jp/1810-passcase/ にて交換のご案内をしておりますので、お手数ですがお申し込みいただければと思います!

Twitterニンドリくんと編集部の仲間たち@Nindorikun

返信 リツイート1 昨日 19:08

【 プリプレス 】 印刷の前工程の総称。

同人誌出してる人は印刷会社に依頼してー…、とかその工程も含めて楽しんでるんじゃないかなぁ(´-`) 楽しんでる?達成感を感じる?

Twitterねたろー@ゲーム垢@netaro_game

返信 リツイート 昨日 10:43

印刷所って、紙であったりインクであったりの物流拠点として、あるいは製本までのいろんな工程をパッケージ化する工場として、次世代に向けての役割があるのにもかかわらず、未だ輪転機に固執して次のステップに踏み出せないでいるやん しかも電子書籍が普及すると将来紙の本を好む人は減っていくはず

作画作業が遅れ印刷工程に間に合わなかったため休載とさせていただきます。 『喧嘩稼業』 木多康昭先生

Twitter漫画家の休載理由bot@manga_kyusaibot

返信 リツイート 昨日 10:11

印刷ロットのラベリングをミスったかなぁ… だとすると梱包工程では気付きにくいやつ 原語のままのコンポーネントのこともあるし、日本語が出来ない工場作業者ならなお 海外製造は難しいね (´・ω・`)

兵長さん、印刷直後はこんな姿なのです。ここから余分な部分を削り、積層痕をパテで埋め、塗装(下地、錆、表面、仕上げ)を2回に分けて行います。塗装は1工程毎に乾燥に2時間… そんなわけで意外と人の手がかかっているので出来が悪い子はプリンタのせいではなく私の技術のせいなのです。許してね! pic.twitter.com/clARolBElC

こういうときいつも永野護のブランディング戦略を思い出す。掲載紙ニュータイプのサイズがそもそも大きく、画集はクソデカ(B4とか)、紙質と色彩も最高レベルで出してくる(奥付に印刷工程の責任者や印刷工場、部署名まで記載)。だが高価。価値を感じる人だけ買ってねというスタンス。素晴らしい。